無料のランニングアプリmiCoach(マイコーチ)が使い方がわかりやすくていい感じ

無料のランニングアプリmiCoach(マイコーチ)が使い方がわかりやすくていい感じ

最近ニワカ糖質制限ダイエットに取り組み始めた@akatsuki_iwaoです。こんにちは。

糖質制限ダイエットを意識してみると自分は意外に砂糖をとっていたんだというのがわかりました。ちなみにボクの砂糖摂取のほぼ99%がフルタの生クリームチョコレート。Oh.フルタが愛おしいよう。

 

さて、ボクが趣味にしているランニング。
これに欠かせないのが走った距離や時間を記録してくれるランニングアプリです。

ボクが使っているランニングアプリはアディダスのmiCoach。
さすがスポーツブランドの王手が出しているだけあってなかなか使い勝手の良いアプリです。

miCoachのいいところ・悪いところ

ボクはそれほどいろいろなランニングアプリを試したわけじゃないですが、miCoachには十分満足しています。
と、いうのもボクが求める基本的な機能を押さえているから。

ボクがランニングアプリに求めているのは

  • 走った時間・距離が記録できる
  • 走っている最中に何キロ走ったかを教えてくれる

という2つ。この2つはどのアプリでも大体搭載されていると思います。

その上でmiCoachを使っているのはここが良いなと思うところがあるから。

miCoachは無料で使える

ランニングアプリは有料・無料いろいろありますが、ボクは基本的な機能があれば十分なので無料というのが最初の条件。
miCoachは無料で使えるのでこれを満たしています。

アディダスのアプリっていうのも安心感があります。

日本語のメニュー

国内外問わずランニングアプリは需要があるようで、iTunes Storeで検索すると国産・外国産のものがいろいろと出てきます。
ボクは英語力ゼロなので日本語メニューで使えるものを探してました。

miCoachはメニューほぼすべてが翻訳されて日本語になっているのでとっつきやすいアプリでしょう。

ただ、外国語をカタカナにしただけだなーという感じの訳され方の部分もあるので、100点満点とはいえないですが…。

miCoachはサイクリングも記録できる

ボクは雪が無い季節は会社までの通勤で自転車を使っています。
これもダイエットを兼ねてのことなんですが、この記録も残したいというときにもmiCoachが役立ちます。そう、miCoachは自転車の記録も残すことができるんです。

残すことができる記録はランニングとほとんど変わらないので基本的な項目だけですが、ランニングとサイクリング両方の成果を1つのアプリで管理できるのは便利です。
だいたいどのくらいカロリー消費したかとかわかりやすいですしね。

 

欠点は1キロ辺りのペースの算出方法がよくわからないこと

miCoachを使って走っていると、1キロ辺り何分かかっているかというペースを教えてくれるのですが、これの算出方法がよくわからないのが欠点といえば欠点。

実際に1キロ走るのにかかった時間ではないし、平均して1キロ辺りこれくらいの時間がかかっているよ、というタイムでも無いんですよね。

厳密に気にしてる訳じゃないですが、1キロ毎のタイムがわかると、ペースを一定に保ちながら走りたいときに参考になるので正確なものだと便利なんですが。

些細な点ですけどね。

miCoachの使い方

miCoachで記録できるのは走った距離・時間・消費カロリー・ルート・1キロ辺りの時間。
記録の手順は簡単。

1.起動して進むをタップ
miCoachの使い方 起動して進むをタップ

2.フリーワークアウトをタップ
フリーワークアウトをタップ

3.「次へ」をタップ
アクティビティをランニングにして次へをタップ

4.ワークアウトを開始をタップ
ワークアウトを開始をタップ

 

以上でOK。
これで走った時間、距離、消費カロリーなどが記録されます。

過去の記録を振り返ったり、トレーニングした総距離を計算してくれたりもします。
総距離が100キロを超えた!とか1000キロを超えた!ってなると「自分、頑張ったなあ。ウンウン。」となるのでオススメw

無料なので失敗しても痛くないですし、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

 

iphone版のmiCoachのダウンロードはこちらからできます。