巨デブだったボクが運動を習慣化するために必要だと思うたった1つのこと

巨デブだったボクが運動を習慣化するために必要だと思うたった1つのこと

年末年始にたっぷりとお腹まわりにお肉をためてしまったので、それを解消すべくキャベツの千切りを意識的に食べるようにしているんですが、ウマすぎてボール山盛りを平らげてしまうボク。意味ないなと思いつつ、お通じもアレなくらいアレになるので、辞められなくなってきましたw

少しずつ戻ってきているんですが、それは定期的に運動を続けているから。

これからダイエットをしようと思ってる人にボク流の運動を続ける方法を紹介します。

運動は限界までやらない。まずは運動の数をこなすのが大切

Run to the Hills
photo by Malkav

運動がどうして続かないかを考えてみると、疲れてヘトヘトになるような思いはしたくないからだと思うんですよね。

でも、最初からヘトヘトになるような運動は必要ないんです。
むしろ疲れないくらいで終わらせるくらいで十分。

必要なのは運動の激しさよりも、運動を行う回数です。

ハードな運動を週に1回するよりも、軽い運動を週に3回するほうが楽ですよね。

だから、運動を習慣化しようと思うならまずは軽い運動にして数をこなすようにすることが大切です。

数をこなすことで、「運動を続ける」意識が変わってくる

ボクが27キロ痩せた時、運動はジョギングをしていました。
走る距離はそれほど長くはなく、運動の時間も短め。ただ、それを毎日続けていました

太っていた頃は学校のマラソン大会が憂鬱でしょうがないくらいに長距離走が嫌いだったボクが毎日ジョギングをするとは自分自身信じられなかったものです。
ジョギングは今でも定期的に続けていて、もう9年ほどになります。

こうなってくると、「続けなくちゃ」という意識はありません。
「汗をかかないとすっきりしない」
「運動をしたい」
という気持ちに変わってきます。

こんな気持ちになれれば運動を続けることで悩む必要は全く無くなります。
逆に運動をすることがストレス解消になっちゃいます。

繰り返しになりますが、こういう気持ちになるには回数をこなすのがベスト。
ジョギングなら、気分が乗らない時は休むんじゃなくて1キロだけで終わらせる。1キロ走るのはせいぜい10分。慣れれば5分です。
それでいいんです。

それを続けると、意識が変わってくるから。
以上、運動を習慣にするためのコツでした。