秋の豆イカ攻略メモ(小樽・余市)

NO IMAGE

11月は小樽港や余市港で豆イカのエギングが盛んになります。

魚介類の中でもイカは1、2を争うほど好きなので、興味津々。
でも実際やってみると全く釣れないんです。。

会社にイカ釣り名人がいるので、仕入れた情報をメモ。

秋の豆イカエギングのポイント

  1. 秋のイカは捕食行動が盛んなので獰猛
  2. エギはピンク、スッテはグリーン
  3. 朝方の表層に浮いたイカを狙う

秋のイカは捕食行動が盛んなので獰猛

11月のイカはエサを見つけると積極的に捕食に移るらしいです。
場合によってはキャストしてフォールさせている最中にエギに抱きついてくることも珍しくないそう。

ガンガン抱いてくるのでエギはディープタイプの速く沈むタイプがいいらしいです。

エギはピンク、スッテはグリーン

エギって高いですよね。
価格の高さが僕のエギングやりたい気持ちにストップをかけてます(笑)

高くて、カラーもいっぱいあって、さらにはディープタイプ、ベーシック、シャローと細かく分かれています。
どれを最初に選んでいいかがわからない。

というわけで最初に持つなら、ということで聞いてみたら、最初はエギは1.5号のピンクがいいらしいです。
ピンクといっても「どピンク」というくらいピンクがいいらしい。オレンジとかではダメ。ピンク!と言ってました。
※夜釣り狙い前提です

んで、アシストリグにつけるスッテはグリーンがいいらしい。
グリーンはみんなあまり狙わないカラーだけど、名人曰くグリーン一択とのこと。

朝方の表層に浮いたイカを狙う

イカ釣りというと夜!というイメージだけど、名人は朝方の小一時間で三桁に迫る釣果を挙げることも珍しくないとのこと。

夜明け前後はベイトが表層に浮くのでそのベイトめがけてイカも寄ってくるらしい。
そのため比較的浅いレンジにいるとのこと。

この時はイワシ系カラーや金アジ系カラーがいいとのこと。

僕も先日小樽港に行って、バンバンイカを釣ってる人たちを見かけてるんですよね。
釣りたての刺し身は絶品だと思うので、ぜひチャレンジしてみようと思います。