iPhoneの画面が割れた!エクスプレス交換サービスで新品交換までの流れ

iPhoneの画面が割れた!エクスプレス交換サービスで新品交換までの流れ

こんにちは。@akatsuki_iwaoです。

先日、勤務中にiPhoneをいじっていたらツルッと手が滑って落下。
ガラス面の画面にビキビキっとヒビが入ってしまいました。。

通常、修理となるのですがAppleCareに入っている人なら、修理期間がゼロで済むエクスプレス交換サービスが絶対におすすめ。

エクスプレス交換サービスとは

iPhoneの画面が割れた!エクスプレス交換サービスで交換だ

iPhoneを修理に出す場合、AppleStoreに持ち込んで修理を依頼するか、修理の必要なiPhoneを宅配便で引き取ってもらって修理するという方法がよくある形です。この場合、iPhoneを修理に出している期間は当然携帯電話がないということになってしまうので、かなり不便。

エクスプレス交換サービスは修理の必要なiPhoneを宅配業者が引き取りに来た際に交換機も同時に持ってきてくれて、修理の必要なiPhoneと交換してくれるというサービスです。
これによって修理期間中のiPhoneが無いという時間をほぼゼロにしてくれるサービスです。

しかも交換機は新品か新品と同等の性能の品。
AppleCare+に加入していれば7800円で修理が可能なので、7800円で新品(または同等の品)に復活すると考えれば、画面のヒビが入った端末を我慢して使うよりは気持ちの面でもずっといいんじゃないでしょうかね。

エクスプレス交換サービスを利用するにはまず電話!

エクスプレス交換サービスを利用するにはまずAppleのサポートセンターに電話をして、エクスプレス交換サービスを使いたい旨を伝えます。

その時に、破損の状況とか契約の状況を聞かれたり、エクスプレス交換サービスの流れの説明があって、15〜20分はかかります。
忙しいビジネスマンが昼休みにちょっと電話かけてみよう、という気持ちでかけると思いの外時間をとられるので注意してください。
僕はそれで昼ごはん食べ損ねるとこでした。危ない。

わからないことはしっかり電話で確認しておくのが大事です。

一通りの電話での確認が終わったら、Appleがヤマトの引き取り訪問を手配してくれます。

引き取りに来る前にバックアップ

ヤマトの引き取り訪問が来るまでの間にしておかなければならないことは、iPhoneのバックアップです。

パソコンとiPhoneを繋いでiTunesからバックアップするか、iCloudにバックアップしておきましょう。
バックアップさえしっかりしておけば新しいiPhoneが来てもすぐに元に戻して使えます。

うっかりバックアップを取り忘れるとエライことになるので気をつけてください。

バックアップを取ったらヤマトが来るのを待つだけです。

あ、一つ確認しておいたほうがいいのはSIMカードの抜き方。
Appleのページにやり方が書いてます。

修理に出す方のiPhoneからSIMを抜いて、新しく交換するiPhoneにSIMを入れ替えないと使えないので注意です。

ヤマトが来たらドライバーのおじさんにお任せでOK

ヤマトのドライバーさんが来たら、勝手はわかっているのでおじさんにおまかせでOKです。
これで晴れてヒビの入ったiPhoneから新しいキレイなiPhoneゲット。

交換が終わったら、バックアップから復元して快適なiPhoneライフに戻れます。