自動車保険を見なおしたらこれまでの半額くらいに下がった

自動車保険を見なおしたらこれまでの半額くらいに下がった

こんにちは。@akatsuki_iwaoです。

もうすぐ我が家では自動車保険の満期を迎えます。実はこれまで義父母に保険料を払ってもらっていた(照)んですが、いい大人だというのもあって自分たちで払うことにしました。

親に任せっきりだったのでいろいろ自動車保険を比較してみよう!と思って見積もりをとってみた顛末です。

通販型自動車保険は圧倒的に安い

通販型自動車保険は圧倒的に安い

これまでボクが使っていた自動車保険は東京海上日動のもの。対人・対物無制限のものでそこそこ特約とかもつけて年間で約10万円。一応ゴールドで26歳以上の制限をかけているのでもこれくらいかかってました。

義父母に頼りきってたから、あんまり意識してなかったんだけど高けー。

 

今回、身銭を切るってこともあって、安いと評判の通販型自動車保険を検討しました。見積もりをとってみたのはアクサダイレクト、ソニー損保、チューリッヒの3社。どの会社もネットで見積もりがとれるので、手軽ってことで選びました。CMやってるし。

車検証か保険証券を見ながらやれば5分くらいで出来ます。意外と簡単。入力項目もよく読めばすぐわかりますよ。

んで、出てきたのはほぼ同じ補償の内容で半額の約5万円。圧倒的な安さに驚きました。東京海上日動は代理店通してるから手数料取られてるんですよね。手数料高い。しかもこれまでの代理店のオッサンの役に立たなさそう度はボクの人生の中でもトップクラスの雰囲気がヒシヒシと伝わってきてたから、ドブ金です。変えない理由がない!

 

自動車ディーラーから聞いた通販型自動車保険の注意点

ただ、安いのにはウラがある。なんて気になるのが人情。ボクも気になったので自分の車を買ったディーラーさんに聞いてみました。
3つほど注意した方がいいところがあるようです。

2年目から保険料が上がるかも

これはボクも気になってて、通販型自動車保険は加入をインターネットで行うと割引があるんです。その額は5,000円〜10,000円くらい。ただ2年目になるとインターネット加入割引が適用されなくなる(もしくは割引額が減る)ので、一見すると保険料が上がったように見えるというわけ。

実際1年目よりも2年目の方が高くなる可能性はあるんですけど、その額はせいぜい数千円レベル。代理店経由の自動車保険となると、通販型とはそもそも4〜5万くらい差があるから、多少上がったとしてもトータルで見たら通販型の方が圧倒的に安いです。

事故対応が面倒

通販型自動車保険は事故とかにあってしまった時にはコールセンターに電話して話を進めていく流れのようです。

CMでは事故の処理も丁寧!と宣伝してますが、実際は担当がつく通常の自動車保険よりもどうしてもコミュニケーションが面倒だったり取りづらいという弊害があるそうです。

ウチの場合は代理店のオッサンがあまりに役に立たない雰囲気(実際義父母は同じ担当で全く役に立たなかったらしい)なので、それよりはマシだろう!と踏んでいます。

事故ったりすると継続できなくなるケースがある

これは完全に伝聞なんですけど、通販型自動車保険の会社は事故ったりして保険を使うと場合によっては継続を断られるケースがあるそう(伝聞です)

ディーラーさんいわく、通販型自動車保険は保険金支払いのリスクが少ない人達だけをなるべく囲っていくという傾向があるらしいです。
継続できないのは不便ですけど、保険屋としては仕方ないなーとも思えます。

 

安くなる分、手間や煩雑さがあったりする通販型自動車保険ですが、その手間を越える価格的なメリットがあるのでボクは通販型自動車保険にしました。

ボクはそれぞれの会社のサイトに行って3回分面倒な入力をしましたが、一度の入力で一括して見積もりがとれるサイトもあります。

最短5分で一番安い自動車保険が分かる【goo保険】

 

早く知ってればよかった…。